ホワイトヴィール
 マエスネ(300円/100g)

ミルクのみで飼育したホワイトヴィール (ミルクフェッドヴィール)です。
繊維が細かく、柔らかいホワイトヴィールはフレンチやイタリアンで扱われる高級食材ですが、国内での生産がほとんどされていません。
臭みが少なく、ジューシーだけど、あっさりとした仔牛肉はカツレツや煮込み料理などに向いています。
通常飲食店向けに販売しているお肉ですが、コロナウイルスの影響で飲食店の休業のためホワイトヴィールの行き先がなくなってしまったため、個人のお客様に向けてブロック単位での販売を行います。

*グラム単位の価格を記入してあります。注文フォームからご希望の大きさを選択し金額をご確認ください。
*部位ごとのご紹介は下記ご参照ください。

<部位ごとの特徴とお召し上がり方>
・ヒレ
特に柔らかく繊維が細かい部位です。
1頭から数百グラムしか取れないのでご了承ください。
ローストやグリルなどでお楽しみください。

・ロース・ランイチ
仔牛肉の定番料理、カツレツなどがお勧めです。

・モモ・シンタマ
カツレツやローストビーフなどでお楽しみください。
スジ部分は煮込み料理でもお楽しみください。

・カタ・ウデ・バラ
ホワイトシチューやトマトシチューなど、 柔らかい食感を煮込み料理でお楽しみください。

<森林ノ牧場がホワイトヴィールを育てる理由>
森林ノ牧場ではジャージー牛を飼育しており当然ながら雄も雌も生まれます。
乳牛の場合、雌は搾乳して活躍しますが、雄は通常別の肥育農家さんで肉用として肥育されます。
しかし、ジャージー牛は一般的な乳牛のホルスタインに比べ身体が小さく、 しかも赤身のお肉のために市場では価値が低く扱われます。
そのため肥育農家さんに買い取られることもなく家畜としての役目すらできないことがあるのです。
ジャージー牛は乳成分が濃く美味しい乳製品を作る牛として人気ですが、 一方でこのように雄の利用が難しいという課題があります。
森林ノ牧場ではジャージー牛の雄牛をミルクのみで「ホワイトヴィール 」として肥育し、 普段は飲食店向けに販売をしておりますがコロナウイルスの影響でこれまで通りの飲食店への販売が難しく、 ホワイトヴィールの行き先がなくなってしまうため、現在は個人のお客様に向けてもブロック単位での販売を行います。
今後もホワイトヴィールの販売を予定しております。
飲食店への卸販売も可能ですので、よろしければお声がけくださいませ。

※こちらの商品は冷蔵で発送いたします。
  • 1,200円(内税)
400g300g500g
1,200円(内税)
在庫なし
900円(内税)
在庫なし
1,500円(内税)
在庫なし
サイズ

サイズ
400g300g500g
1,200円(内税)
在庫なし
900円(内税)
在庫なし
1,500円(内税)
在庫なし